倉庫は借りるべきか!それとも購入するべきなのか!



倉庫を借りるメリットとデメリット

倉庫は賃貸住宅と同じように、借りることも可能です。そこで倉庫を借りるメリットとデメリットを紹介していきます。まずはメリットですが、購入するよりもかなり費用が抑えられる点です。価格は地域や倉庫の大きさなどによって異なりますが、購入するよりも借りる方が高くなることはまずありません。特に短期間だけ借りたい場合や、小さな倉庫を使いたい場合にはメリットが大きくなります。管理も自分で行う必要がありませんし、自分の物ではないので固定資産税もかかりません。逆にデメリットも存在しているのですが、それはしまっておける物に制限が設けられている場合があります。使える時間や曜日が制限されていることもあるので、借りる前には詳細まできちんとチェックしておきましょう。また、賃貸住宅と違って経年劣化が認められないのも倉庫の特徴です。使用中にキズを付けたり汚したりしてしまうと、現状回帰するための費用が必要になります。

倉庫を購入するメリットとデメリット

倉庫を購入するメリットは、やはり自分の物になることです。何十年という長期間使用する場合には、最終的に支払うお金が購入した方が安くなることもあるでしょう。使い方も自由ですし、事業を行っていれば経費として計上することも可能です。逆に購入するとなればかなりまとまったお金が必要になりますし、固定資産税の支払い義務も発生します。倉庫を使用しなくなった場合には、自分で処分をする必要も出てくるので、よく検討してから購入するのか借りるのかを決めましょう。

3PLはサードパーティーロジスティクスの略で、物流事業者を表しています。物流を請け負う事業所は顧客に商品を届けるだけでなく、原料調達、工場内物流等、生産過程の中でも重要な役割を担っています。