営業代行はオンラインの時代!社内リソースと使い分けよう



オンライン営業は新しい展開

営業代行を利用すべきかどうかを検討しているときには、近年の営業のトレンドを考えるのが重要です。営業代行は社内リソースによる営業だけでは不足しているときに利用するのが一般的です。社内リソースとの使い分けをする道を探し出し、新しい営業のチャネルを増やせるのなら積極的に活用した方が良いでしょう。近年のトレンドとして挙げられるのがオンライン営業です。新規顧客開拓では訪問営業をするのが普通でしたが、オンラインでもコンタクトを取って営業できるようになってきました。むしろオフラインよりも好む企業も増えてきています。訪問営業しかほとんど実施していない状況なら、営業代行を利用してオンライン営業を取り入れましょう。

営業代行と使い分けよう

オンライン営業を導入するときには営業代行に依頼してリソースの使い分けをするのが肝心です。社内の営業職の人たちにもプライドがあり、自分たちの努力によって売上が出ていると考えているでしょう。そこで営業代行を依頼して協力して営業を進めるように指示をしてもなかなか受け入れてもらえない場合があります。しかし、営業の方法で区分をしてリソースを使い分ければトラブルが起こりにくいでしょう。オンラインとオフラインでは営業のアプローチもまるで異なります。情報共有をする仕組みさえ整えることができれば、それぞれが独立した方法で営業を進めることが可能です。どちらのリソースも最大限に活用できる方法なので、上手に使い分けをしていきましょう。

即戦力となる人材を複数人確保できる営業代行を利用すれば、営業力の強化をすぐに実感できることが期待できます。